不動産買取とは?買取が向いている方の特徴や注意点について解説!

不動産買取とは?買取が向いている方の特徴や注意点について解説!

この記事のハイライト
●買取とは、不動産会社が売主から直接不動産を買い取る売買形式のこと
●買取は、不動産を早く売却したい方や確実に売却したい方に向いている
●買取の場合、仲介による市場の相場価格よりも売却価格が安くなる

不動産を売却する際、不動産会社に「仲介」を依頼する方は多いのではないでしょうか。
しかし、「買取」という売却方法があることをご存じですか?
不動産売却の目的や条件によっては、仲介よりも買取のほうが納得のいく結果につながるかもしれません。
そこで今回は、不動産買取とはどのような売却方法なのかについて、買取が向いている方の特徴や、買取を利用する際の注意点を解説します。
周南市、下松市、光市で不動産売却を検討されている方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

\お気軽にご相談ください!/

不動産買取とは?仲介との違いや買取の種類について

不動産買取とは?仲介との違いや買取の種類について

不動産売却と聞いて、多くの方がイメージする売却方法は「仲介」ではないでしょうか。
仲介とは、売主が不動産会社と媒介契約を結び、不動産会社に買主探しなどを依頼する売却方法です。
仲介を担当する不動産会社は、チラシの配布や不動産情報サイトへの物件情報の掲出といった売却活動をおこないます。
一方、買取とは、不動産会社が買主となり、売主から直接不動産を買い取る方法です。
なお、買取にも「即時買取」と「買取保証」の2つの種類があります。
ここでは、それぞれの概要や特徴について見ていきましょう。

即時買取とは

即時買取とは、文字どおり、買取依頼を受けた不動産会社がすぐに売主から不動産を買い取る方法です。
不動産査定の内容に売主が納得すれば、すぐに売買契約が成立します。
買主を探す必要がないため売却活動がおこなわれず、短ければ数日、長くても1か月ほどで不動産を売却することが可能です。
「買取」という言葉は、この即時買取のことを指している場合が多いといえます。
また、不動産会社が買主となるため仲介手数料を支払う必要はありません。
不動産査定の回数も、1度の訪問査定で済むケースがほとんどでしょう。
注意点としては、買取の場合、仲介による市場の相場価格よりも売却価格が安くなってしまうことです。
市場価格よりも1割~3割ほど安い価格での成約になると考えておきましょう。

買取保証とは

買取保証とは、一定期間は仲介と同様の方法で売却活動を進めつつ、期限がきても売却が決まらなければ不動産会社が買取をおこなう方法です。
仲介の期間や買取価格は、事前に不動産会社と売主の間で取り決めておきます。
仲介期間で売却が決まれば、市場の相場価格と同等の条件で不動産を売却することが可能です。
また、仲介期間に買主が現れなかった場合も不動産会社による買取が保証されているため、「いつまでも売却できない」という不安を抱えることはありません。
買取保証は、即時買取と仲介の特徴を併せ持った売却方法だといえるでしょう。

▼この記事も読まれています
不動産の売却益とは?計算方法と節税効果のある特例について解説

\お気軽にご相談ください!/

買取による不動産売却が向いている5つのケースとは

買取による不動産売却が向いている5つのケースとは

不動産買取には、仲介にはない特徴やメリットが多くあります。
それらを踏まえて、どのようなケースが買取に向いているのかを見ていきましょう。

買取に向いているケース1:すぐにでもまとまった資金を確保したい

短期間で売却を完了できる点は、買取の大きな特徴の1つです。
そのため、「お金が必要なのでなるべく早く現金化したい」などの事情がある方は、買取が向いているといえるでしょう。

買取に向いているケース2:転勤や離婚が決まっている

資金の確保が目的ではなく、売却の期限が決まっている方や、いそいで不動産を手放したいという事情がある方にも、買取は向いているといえます。
具体的には、「転勤が決まったので、遠方に引っ越すまでに売却を済ませたい」というケースや、「離婚をするので早く不動産を売却して財産分与したい」というケースなどです。
とにかく早く売却したいのであれば即時買取がおすすめですが、売却期限までに余裕がある場合は買取保証を利用する方法もあります。

買取に向いているケース3:売却する不動産の築年数が古い

「築年数が古い」「立地が悪い」「瑕疵がある」など、条件があまり良くない不動産の売却にも買取が向いています。
仲介ではなかなか買主が決まりにくい不動産であっても、不動産会社による買取が可能な場合があるからです。
築年数が古い不動産であればリフォームをしてから仲介で売却するという方法もありますが、そのためにはまずリフォーム費用を工面しなければなりません。
買取であれば、買い取った不動産会社がリフォームをおこなうため、そのままの状態で売却することができます。

買取に向いているケース4:周囲に知られずに売却したい

離婚や経済的な理由で不動産を売却する場合は、「周囲の住人に売却のことを知られたくない」と考える方もいるのではないでしょうか。
買取であれば売却活動をおこなわないため、チラシのポスティングなどで不動産売却のことが周囲に知られることはありません。

買取に向いているケース5:売却に手間をかけたくない

なるべく手間をかけずに不動産を売却したいという方にも、買取が向いています。
「仕事がいそがしくて時間がとれない」という方や、「売却する不動産が遠方にあるのでなかなか足を運べない」という方などです。
また、「不動産を相続したものの管理が大変なので売却したい」という方など、価格へのこだわりがなく「とにかく不動産を手放したい」というケースにも買取が適しているといえます。

▼この記事も読まれています
法人における不動産売却時の税金とは?計算方法や節税方法も解説

\お気軽にご相談ください!/

不動産買取を利用する際の4つの注意点について

不動産買取を利用する際の4つの注意点について

メリットの多い不動産買取ですが、利用する際はいくつかの注意点もあります。
ここでは、代表的な4つの注意点について見ていきましょう。

買取の注意点1:売却価格が市場の相場よりも安くなる

買取を利用した場合、仲介による不動産売却の市場相場よりも2割~3割ほど価格が安くなる傾向にあります。
安くなる理由としては、買取した不動産にリフォームやメンテナンスをするための費用がかかるからです。
不動産会社は、買い取った不動産にリフォームなどをおこなったあと、再び売りに出します。
買取では、リフォーム費用や再販時の利益の確保のため、市場よりも安い価格設定になることを理解しておきましょう。

買取の注意点2:買取ができないケースもある

不動産の条件によっては、再販が見込めないとして買取不可とされるケースもあります。
また、そもそも買取サービスをおこなっていない不動産会社もあるので注意しましょう。

買取の注意点3:住宅ローンを完済しなければならない

買取で不動産を売却するためには、住宅ローンを完済している必要があります。
買取に限らず、不動産は住宅ローンを完済して抵当権を抹消してからでなければ売却できません。
抵当権とは、住宅ローンの返済が滞った場合に、債権者が対象不動産を売却して返済費用にあてることができる権利のことです。
住宅ローンの返済が残っている場合は、不動産を売却したお金で一括返済が可能か確認しましょう。
返済の可否を知るには、住宅ローンの残債と不動産の査定価格を調べる必要があります。

買取の注意点4:買取の際にいくつかの費用がかかる

買取の場合、仲介手数料やリフォーム費用などがかかりません。
しかし、「譲渡所得税」「印紙税」「登録免許税」などの税金は、仲介の場合と同様に課税されます。
譲渡所得税は不動産売却で利益が出た場合にのみ課される税金ですが、利益が多くなるほど税額の負担も重くなるため注意しましょう。
買取の際に住宅ローンの一括返済をおこなう場合は、一括返済の手数料も必要です。

▼この記事も読まれています
住みながらマンション売却をするメリットや売却を成功させるコツをご紹介

まとめ

不動産の買取は、「とにかく早く売却したい」「期限までに確実に売却したい」「周囲に知られずに売却したい」「お金をかけずに売却したい」という方にとってメリットの多い売却方法です。
しかし、仲介での売却よりも価格が安くなりやすいことや、不動産によっては買取不可とされる場合があることも知っておく必要があります。
買取の特徴をしっかりと理解したうえで、ご自身に適した売却方法を検討してみてくださいね。
周南市の不動産売却ならハウスドゥ周南城ケ丘店へ。
地域密着の情報量と宣伝力で買い手を見つけます。
まずはお気軽にご相談ください。


ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

0120-927-118

営業時間
10:00~18:00
定休日
第2・4・5火曜日、水曜日

関連記事

売却査定

お問い合わせ